So-net無料ブログ作成

沖縄「月桃」精油・芳香蒸留水が「石垣島」から・・・

こんにちは。

お仕事が忙しくなり、すっかりご無沙汰のブログです。

今回は、アロマ「島月桃」が、石垣島から商品化されたお話。

月桃には、大東島や台湾の「タイリン月桃」と
沖縄本島や八重山諸島の「島月桃」があります。

それぞれ、成分が違うため香りや効能が違います。

島月桃には、タイリン月桃に多く含まれている「テルピネン-4-オール」という成分が含まれておらず、
代わりに「カンファー」が含まれています。

詳しい方は「カンファー」と聞くと、神経に作用する危険性が・・・なんて思われる方もいらっしゃるかも・・・ですが、
ハンガリーウォーター(若返りの水)の主成分「ローズマリー」にもカンファーは含まれています。

何事も、使い方ではないでしょうか。

何といっても島月桃の魅力は、独特の甘いスパイシーな香り
これは「テルピネン-4-オール」の入っている「タイリン月桃」とは、全く違います。

もともと「月桃」は殺菌・防虫効果が高いため、虫除け用として「線香」「障子紙」などに使われ、
食用としては、月桃の葉で巻いて蒸して作った餅「ムーチー」(鬼餅)として使われてきました。

最近になって月桃の抗酸化作用が注目され、化粧品・石けんに使われて始めています。

しかし、月桃の精油の抽出はとても難しく、100kgの月桃の葉から採取されるのは20~30ml。

今回石垣島月桃園では、4年の歳月をかけて蒸留器の改良に成功し、この希少な精油を確実に抽出できるシステムを開発しました。

芳香蒸留水も精油成分を残し、今までの芳香蒸留水よりも「香り」を残しています。
もちろん、商品はノンアルコールです。

月桃は自家農園で有機栽培。

私は、石垣島月桃園の月桃芳香蒸留水と精油で、「化粧水」「石けん」「ルームスプレー」を作って使用しています。
これからの季節「虫よけスプレー」としても活躍しそうです。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます